保湿剤の選び方

アトピーの肌は敏感でいつもは大丈夫な刺激にも炎症を起こすことがありますからしっかりと用いる保湿剤は吟味する必要があります。基本的に刺激の弱いものを選ぶ方が良いということで精製度の高いものや添加物の少ないものを選ぶことが多いですが、無添加ならばなんでも大丈夫というわけではないのでしっかりと選ぶことが必要です。

保護的な役割で用いる保湿剤はワセリンがよく使われます。しかし、ワセリンといっても色々あり、用いられている脂質の種類によっては角質の細胞間皮質のバランスを崩すものもありますから主成分だけでなく配合されている油分まで細かくチェックする必要があります。

肌の水分量を増やすための保湿剤には尿素やヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドといった成分が含まれているものを選ぶのですが、これも肌の状態や用いる場所で成分は選ぶべきです。尿素は湿度の高い場所では肌の保水力がとても高くなるのですが、刺激が強いので顔に塗布するのは避けた方が良いですし、セラミド不足が乾燥の原因ですからセラミド配合のものは肌の乾燥を改善するのにとても効果的ですが、セラミドを配合するには界面活性剤が必要となり人によってはこの成分が合わないこともあります。このように肌の状態やその人の肌質によって合う保湿剤が異なるので慎重に選ぶ必要があります。