アトピーと保湿

アトピー性皮膚炎になると角質層にある細胞間皮質の主成分のセラミドが健康な皮膚よりも少なくなります。このセラミドは肌の保水力やバリア機能を担っているため、セラミド不足になると乾燥しやすく外からの刺激や異物に弱い状態に陥ってしまいます。肌のバリア機能が低下すれば肌の中に異物が侵入しやすくなってしまいます。そうすると侵入してきた異物と体内の免疫細胞が追い出そうと攻撃をします。その攻撃のために肌が炎症を起こしたり赤くなったりかゆみを感じたりするようになります。

このような異物の侵入を防いだり肌の乾燥を防いだりするために行うのが保湿ケアです。肌が痒くなり搔き毟れば余計乾燥が激しくなり炎症が悪化します。そのため、少しでも肌のダメージを抑えるために患部を保護するために保湿が必要なのです。水分の蒸発と異物の侵入を防ぐために油分で患部をコーティングするような保湿をします。

次に肌の水分を直接与えて保湿をするための保湿があります。このように保湿といっても保湿の種類はいくつかありそれにあったテクスチャーや必要な成分の含まれている保湿剤を用いることで保湿は効果が出ます。肌の状態を見て適切な保湿剤を選ぶことが必要です。